看護プチ情報心不全診断 BNP改訂2023

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
看護プチ情報心不全診断 BNP改訂2023 看護
看護プチ情報心不全診断 BNP改訂2023

看護師復帰ブログでは現役看護師がネフローゼ症候群に罹患し、職場復帰を目指して奮闘する日々を綴っています。
その一つとして、今まで培ってきた看護の知識を整理しアウトプットしています。
職場復帰に向けて最近の動向も知っておかないとあっという間に取り残されてしまう不安
心不全診断と言えばBNP、2023年度ガイドラインの改訂ついて整理、まとめています。

「伸展ステージ別に理解する心不全看護」はこちら↓↓

看護師資格あるし復職しようかな?ブランクありの求人も掲載中【看護師求人EX】

BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)

BNPは心臓の負荷が増えたり心筋が肥大すると心臓を守るために、心筋から分泌されるホルモンです。
血管拡張、利用作用があり、その結果心臓は楽に血液を全身に送り出せます。
また、尿の排出が促され、余計な水分や塩分が排泄され、むくみや息切れが改善します。
このように、心臓に負担がかかった時に心臓を守るために出すのがBNPです。
通常の血清採血にて検査が可能なため心不全の診断基準に用いられています。
一般的にBNPが高値であるほど症状は強く、重症になるとされています。
ただし、BNP は肥満や腎機能などによって値が影響を受けるため、高いからといって必ずしも心不全と診断することはできません。
BNP 値が高い場合、ほかの画像検査を組み合わせて、心不全の診断を行います。
施設によっては、BNPのかわりに、NT-pro BNPを測ることもあります。
NT-pro BNPは、BNPというホルモンのいわば副産物です。
BNP、NT-pro BNPは、心不全の診断に欠かせないマーカーです。

BNPとNT-proBNPの違い

NT-proBNP はBNPに比べると、心不全の際、上昇する比率が大きいとされています。
よって、NT-proBNP のほうがBNPよりも心不全の重症度や病態を鋭敏に反映するといわれています。ただし、NT-proBNPは腎機能の低下とともに上昇しますので、腎機能が悪い患者は注意が必要です。
そのため、患者の状態に合わせてどちらか一方のみを測定します。

BNPに関するステートメント改訂

第27回日本心不全学会学術集会(2023年10月6~8日)で、同学会が2013年に作成した「血中BNPやNT-proBNP値を用いた心不全診療の留意点について」の改訂版が発表されました。
心不全の診断や循環器専門医への紹介基準となるBNP/NT-proBNPのカットオフ値が一部変更されたほか、BNP/NT-proBNPを用いた心不全管理に関する記述を充実させサクビトリルバルサルタン投与時の注意点にも言及されました。

「はじめての循環器看護なぜからわかるずっとつかえる」はこちら↓↓

ステートメント改訂の経緯

2013年に心不全診療における診断を目的として日本心不全学会で「血中BNPやNT-proBNPを用いた心不全診療の留意点」が作成され臨床現場で活用されてきました。
2021年、日本心不全学会、欧州心臓病学会、米国心不全学会の3学会が合同で心不全の国際定義を策定し、血中BNP/NT-proBNP値の上昇が心不全の重要な診断基準の一つとしてあげられました。
近年増加している左室駆出率の保持された心不全(HFpEF)では、左室駆出率の低下した心不全(HFrEF)や軽度低下した心不全(HFmrEF)と比較し、BNP/NT-proBNPが相対的に低値であることが多いこと、HFpEFの大規模臨床試験における患者組入基準にBNP/NT-proBNP値の上昇が含まれていることなど、HFpEFの診断においてもBNP/NT-proBNPは重要な意味を持ちます。
上記3学会からBNP/NT-proBNPに関する合同ステートメントが2023年に公表され今回、心不全の国際定義、日本循環器学会の急性・慢性心不全診療ガイドラインBNP/NT-proBNPに関する最新のエビデンスなどを参考とし、血中BNP/NT-proBNPを用いた心不全診療に関するステートメントとして2023年改訂版を作成されました。

ステートメント改訂

①心不全の可能性があるBNPのカットオフ値の変更
BNP値40pg/mL⇒35pg/mL
②BNP値100pg/mLに対応するNT-proBNPカットオフ値の変更
NT-proBNP値400pg/mL⇒300pg/mL
③心不全診断や循環器専門医への紹介基準の変更
BNP100/NT-proBNP400 (pg/mL)⇒BNP35/NT-proBNP125 (pg/mL)

「看護の現場ですぐに役立つ 循環器看護のキホン」はこちら↓↓

マイナビ看護師

関連記事はこちら

看護プチ情報

もっと詳しく知りたい方には
「伸展ステージ別に理解する心不全看護」はこちら↓↓

前回の記事はこちら

3種類の補助循環

タイトルとURLをコピーしました