5つのポイントで知る腹部大動脈瘤

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
5つのポイントで知る腹部大動脈瘤 看護
5つのポイントで知る腹部大動脈瘤
看護師ねふな
看護師ねふな

こんにちは♡
看護師ねふなです

  

復職に向けて
知識の整理をしました

腹部大動脈瘤
について

お伝えします

5つのポイントで知る腹部大動脈瘤

最初は無症状でも、突然死のリスクもある腹部大動脈瘤を5つのポイントで記載しています。

「病気がみえる(vol.2) 循環器」はこちら↓↓

ポイント1:大動脈瘤

大動脈瘤(aortic aneurysm)
大動脈の血管壁の一部が正常径の1.5~2倍以上に拡張し、コブ状に膨れ上がった状態です。
大動脈瘤が自然に小さくなるようなことなく、治療せず放置していると、破裂します。
破裂すると、多くは急速に死に至ります。
真性大動脈瘤
動脈の壁そのものは保たれているもの
壁の一部が膨らんで瘤になった場合:嚢状大動脈瘤
大動脈の壁が全周にわたって膨らんだ場合:紡錘状大動脈瘤
解離性大動脈瘤
動脈の壁の一部が裂けて壁が二重になって血管があたかも2本あるような状態になるもの
仮性大動脈瘤
動脈の壁が完全に裂けてしまって通常なら大出血するところを周りの臓器によって押さえ込まれ、あたかも瘤のように見えるもの

大血管
気になる職場の生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』

ポイント2:腹部大動脈瘤

腹部大動脈瘤(abdominal aortic aneurysm:AAA)
腹部大動脈が部分的に大きくなる病気で、通常は20mm程度の大動脈が30mm以上に膨らんだ状態
腎臓に向かう血管から左右に分かれる大動脈分岐部までにできることが多く、さらに骨盤に向かう腸骨動脈が連続して瘤になることも多くみられます。
体表からみると、腹部大動脈瘤の場所はみぞおちから臍の周囲になります。
50~70歳が発生のピークで、平均年齢は65歳前後です。
男女比は6~8:1程度と圧倒的に男性に多いとされています。
原因
原因の90%以上は動脈硬化
動脈硬化の危険因子は喫煙、高血圧、脂質異常症、糖尿病
感染症(梅毒、サルモネラ菌など)
血管に炎症を引き起こす病気(高安動脈炎、ベーチェット病など)
外傷
先天性の病気(マルファン症候群、エーラス・ダンロス症候群など)

腹部大動脈瘤
マイナビ看護師

ポイント3:変性性腹部大動脈瘤

変性性腹部大動脈瘤
病理学的に動脈硬化性変化は内膜病変として瘤壁に必ず存在し、大動脈瘤の拡大には大動脈壁の脆弱性に関与する重要な因子です。
また、動脈硬化に伴った炎症や免疫反応による血管壁構造の破壊と再構築が、拡張病変の形成に重要な役割を果たしています。
その他発生学的要因、血行動態学的要因、遺伝的要因などの関与も指摘されています。
腹部動脈瘤の病因は動脈硬化に加え、その他多くの因子が複合的に関与したものであり、変性性腹部大動脈瘤と表現されることが増えてきています。

ポイント4:腹部大動脈瘤症状と診断

症状
初期は症状がないため、健康診断や他の疾患の検査中に偶然見るかる場合があります。
痩せている人が腹部の拍動性(ドクドクする)の腫瘤として気づくこともあります。
瘤が拡大し、周囲の臓器を圧迫すると、腰痛や腹痛、圧迫感などの症状があらわれます。
大動脈瘤は最初ゆっくり大きくなりますが、大きくなればなるほど早く大きくなります。
腹部大動脈瘤の直径が大きくなればなるほど、破裂する危険性が高まります。
腹部大動脈瘤直径と一年以内の破裂可能性
40~50mm:5%以下
50~60mm:3%~15%
60mm以上:ではさらに高まります。
破裂すると、一気に症状が進み血圧が低下してショック状態になります。
破裂する部位によっては、吐血や、血便といった症状が出ることもあります。
完全に破裂していない場合に、劇痛を伴うこともあります。
診断
採血
未破裂大動脈瘤を診断するための特異的バイオマーカー
フィブリノゲン、Dダイマー、CRP、IL-6、マトリックスメタロプロテイナーゼ9など
中でも高感度CRP(hs-CRP)やDダイマーはAAAの瘤径と相関し、瘤の増大速度や破裂の予測に有用との報告もあります。
胸部X線検査
心エコー検査
造影CT検査
MRI検査
動脈瘤の形態や大きさ、発生している部位などを正確に調べます。
直径が5cm以上ある場合は、手術を考慮します。

「頭・胸・腹 X線・CT画像に挑戦! ナースのための超入門」はこちら↓↓

ポイント5:腹部大動脈瘤治療

治療
破裂を予防することが治療の目標
血圧が高い場合は、内服による血圧のコントロール
破裂の可能性が高い場合、手術を行う
手術適応
最大短径で男性55 mm以上 女性50 mm以上
手術の適応を満たさない場合は初回指摘のAAAであれば半年後に再検を行い、5 mm以上の急速拡大の有無を確認します。
既知のAAAでは、瘤径に応じて定期的にCT検査でのフォローアップを行ないます。
人工血管置換術
ステントグラフト内挿術
「看護の現場ですぐに役立つ 循環器看護のキホン」はこちら↓↓

関連記事はこちら

血管疾患

「病気がみえる(vol.2) 循環器」はこちら↓↓

前回の記事はこちら

看護師ねふな
看護師ねふな

復職に向けて
知識の整理をしました

腹部大動脈瘤
について

お伝えしました

前回の記事も

ごらんくださいね♡

5つのポイントで知る胸部大動脈瘤
5つのポイントで知る胸部大動脈瘤

5つのポイントで知る胸部大動脈瘤

看護師ブログ:ねふなHappyワークライフバランスは現役看護師がネフローゼ症候群発症し職場復帰を目指し奮闘する日々を綴っています。
初めて入院にまで至ったネフローゼ症候群について、入院の経緯、療養生活の不安などをお伝えして、少しでも同じ症状の方の療養生活や看護や仕事の悩みの参考になればと思っています。
看護の知識もちょっとずつまとめてアウトプットしています。
また、異業種を約10年働き再び看護師復帰をした経験もあります。
看護師以外の方へも仕事の悩みや日々をHappyに過ごす参考に少しでもなればと思っています。

看護師資格あるし復職しようかな?ブランクありの求人も掲載中【看護師求人EX】
タイトルとURLをコピーしました