看護プチ情報栄養スクリーニング・栄養投与

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
看護プチ情報栄養スクリーニング・栄養投与 看護
看護プチ情報栄養スクリーニング・栄養投与

日々看護の悩みをまとめてます。
「栄養管理って重要」と思ってはいるけど、実際にどんな風に考えていったらいいか曖昧だったり、患者の栄養状態改善に根拠をもって考えたいと思っています。
今回は看護知識:栄養スクリーニング・栄養投与について記載しています。

仕事選び転職サイトはこちら↓↓

栄養管理のプロセス

①栄養評価
②栄養計画
③実施
④栄養アウトカム評価
栄養管理のプロセス詳しくはこちら

栄養評価

アセスメント
どのような栄養障害があるのか、栄養障害はどの程度かの診断
・身体計測
・間接的熱量測定法
・生化学的検査値
・栄養補給の状況(栄養管理法からのアセスメント)
スクリーニング
栄養障害の有無の見極め
・主観的包括的栄養評価(Subjective Global Assessment:SGA)
・簡易栄養状態評価表(Mini Nutritional Assessment:MNA)
・NSR(nutritional risk screening)

マイナビ看護師

もっと詳しく知りたい方には
栄養管理の基礎から具体的症例まで「認定NSTガイドブック」はお勧め↓↓

栄養スクリーニング

SGA
病歴
体重変化
食事摂取状況の変化
2週間以上持続する消化器症状
機能制限
栄養要求量に関係する疾患の有無
上腕・胸部の皮下脂肪減少
大腿四頭筋・三角筋等の骨格筋減少
くるぶしの浮腫腹水の有無など
上記評価を行い、これらの結果を踏まえて
「良好」「中等度低栄養」「高度低栄養」の3段階にスケーリングします。
MNA
65歳以上の高齢者の栄養状態を確認するためのツール
評価項目は18個あり、6個のスクリーニング項目と12個のアセスメント項目から
構成されています。
より簡便に評価できるMNA-SF(Mini Nutritional Assessment-Short Form)は
体重と身長の測定、および過去3か月間における食事摂取量の減少や体重の減少などの
質問から構成されています。
該当する項目を合計し、7点未満であれば「低栄養」、8~11点は「低栄養のおそれあり」
12~14点は「栄養状態良好」と判定します。
NSR
主に急性期向けの栄養スクリーニングツール
BMI、体重減少、食事摂取量低下、重症疾患の有無の4項目からなる初期スクリーニングと
栄養障害スコア・疾患重症度スコア・加齢によるスコアからなる最終スクリーニングから
構成されています。

看護師資格あるし復職しようかな?ブランクありの求人も掲載中【看護師求人EX】

栄養投与成分

エネルギー必要量の設定
クリティカルケア対象患者は過大侵襲を受け、エネルギー需要の増加が多いです。
過不足なくエネルギー投与を行うには間接熱量計を用いて実測するのが望ましいです。
間接熱量計がない場合にはHarris-Benedictの式に基づいて基礎エネルギー消費量を求めその値にストレス係数と活動係数を乗じて1日エネルギー必要量を算出します。
水分・蛋白・脂質・糖質必要量の設定
水分量や、蛋白質量、脂質、糖質必要量は病態によって大きく異なります。
タンパク合成が効率よく行われるためには非蛋白熱量(non-protein calorie:NPC)と蛋白熱量(nitrogen:N)のバランスが適正でなくてはなりません。
通常非侵襲下ではNPC/N=150~200になるように設定しますが侵襲が大きくなるにつれて蛋白質の必要量が増加する為NPC/Nは低下します。
非蛋白熱量:糖質や脂質に由来するエネルギー
蛋白熱量:蛋白質に由来するエネルギー指標である窒素
血糖コントロール
侵襲時には血糖上昇ホルモン(グルココルチコイド、グルカゴン、カテコラミンなど)の分泌促進が生じる反面、インスリン分泌が抑制されて高血糖状態となります。
高血糖に対しインスリンを用い血糖コントロールを行います。
血糖値を管理することによって患者の予後は改善します。
※血糖値は浸透圧利尿が生じる180mg/dl以上にしない

一日エネルギー必要量の算出法

必要エネルギー量=基礎エネルギー量×活動係数×ストレス係数
基礎エネルギー量はHarris-Benedictの式にて算出
男性
66.47+13.75×体重(kg)+5.00×身長(cm)-6.76×年齢
女性
655.1+9.56×体重(kg)+1.85×身長(cm)-4.68×年齢
活動係数
ベッド上臥床:1.2 起床生活:1.3
ストレス係数
手術 小手術:1.1 大手術:1.2
感染 軽度:1.2 中等度:1.5 重症:1.8
外傷 筋肉損傷:1.35 頭部:1.6
熱傷 40%:1.5 100%:1.95

もっと詳しく知りたい方には
病態別、症例別の栄養管理がわかりやすい「栄養療法ポケットブック」は↓↓

関連記事はこちら

看護プチ情報

看護プチ情報栄養管理プロセス

前回の記事はこちら

看護プチ情報ドパミン・ドブタミンの働きポイント7

タイトルとURLをコピーしました