6つのポイントで知る末梢動脈疾患

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
6つのポイントで知る末梢動脈疾患 看護
6つのポイントで知る末梢動脈疾患
看護師ねふな
看護師ねふな

こんにちは♡
看護師ねふなです

  

復職に向けて
知識の整理をしました

 
今回は
末梢動脈疾患
について

お伝えします

6つのポイントで知る末梢動脈疾患

下肢末梢動脈疾患を中心に末梢動脈疾患を5つのポイントにまとめて記載しています。

「循環器診療コンプリート 虚血性心疾患」はこちら↓↓

看護師資格あるし復職しようかな?ブランクありの求人も掲載中【看護師求人EX】

ポイント1:末梢動脈疾患

末梢動脈疾患(peripheral artery disease:PAD)
本来冠動脈以外の末梢動脈に病変が生じる疾患の総称
日本循環器ガイドラインでは以下定義及び表記されています。
冠動脈以外の末梢動脈の狭窄・閉塞性疾患をPADと定義
下肢末梢動脈疾患(lower extremity artery disease:LEAD)
上肢閉塞性動脈疾患(upper extremity artery disease:UEAD)

ポイント2:発症時期による分類

発症時期による分類
急性虚血
側副血行路の発達していない状態で動脈が突然閉塞し、動脈灌流が急速に低下する病態
血流の改善が認められない場合は臓器不全に至ります。
原因
動脈塞栓症や動脈解離もしくは内膜病変部に生じる動脈血栓症、外傷など
発症部位
四肢や腹部内臓動脈など
※慢性虚血の急性増悪
慢性虚血症状のある状態で、局所の血栓形成や塞栓により突然増悪し急性虚血症状が引き起こされます。
治療のタイミングや治療方法選択において塞栓症や慢性虚血と異なる場合があり、区別する必要があります。
慢性虚血
動脈病変の緩徐な進行によって発達する側副血行路の存在が急性虚血との大きな違い
末梢組織において血流の需要と供給のバランスが崩れた際に症状が出現する
間歇性跛行のように安静時は、血流が維持されるが運動時に虚血が生じる状態や、安静時にも虚血症状が出現する重症虚血まで症状は多岐にわたります。
原因
器質的な動脈病変が原因で生じることが多く、生活習慣病による動脈硬化性病変がその大半を占めます。

ポイント3:下肢末梢動脈疾患症状

無症状で経過する例も認められます
皮膚症状(しびれ・冷感、手足末端の蒼白・紫色等の色調変化)
歩行時疼痛
間欠性跛行
安静時疼痛
皮膚の潰瘍、壊疽
動脈の狭窄・閉塞部より末梢の動脈の拍動低下

ポイント4:下肢末梢動脈疾患症状による分類

Fontaine分類
下肢虚血の重症度を評価する際に使用されるスケール
Ⅰ度:無症状
下肢動脈の狭窄を認めるものの歩行に問題はありません。
運動や長時間の歩行により、下肢の冷感が出ることもあります。
しかし、比較的短時間で消失します。
Ⅱ度:間欠性跛行
軽度(Ⅱa)と中等度~重度(Ⅱb)の2段階に分けられることもあります。
下肢動脈が狭窄しているため、歩行に必要な酸素を供給できないことにより、下肢に痛みや倦怠感が出現します。
歩行を中断し、休むと症状が改善し、また歩くこと可能になります。
病状が進行すると連続して歩行できる距離が短くなり、すぐに休憩が必要な状態になります。 
Ⅲ度:安静時疼痛
下肢動脈の狭窄・閉塞により、安静にしていても下肢の痛みが持続します。
下肢を下ろすと血流がやや改善され症状も改善されることもあります。
Ⅳ度:潰瘍・壊死
下肢の血流が重度に障害されているため傷ができやすい状態です。
できた傷は治りにくく、潰瘍や壊死に至ることもあります。
重症下肢虚血(Critical limb ischemia:CLI)
Ⅲ度とⅣ度は、CLIと呼ばれます。
カテーテル治療や手術を行わないかぎり、疼痛や潰瘍の治癒など症状改善が見込めず、場合によっては、下肢を切断することもあり、生命予後も不良です。

ポイント5:下肢末梢動脈疾患症状検査診断

足関節上腕血圧比(ABI)
標準値:1.00~1.40
ボーダーライン:0.91~0.99
0.90以下:主幹動脈の狭窄や閉塞
1.40より高値:動脈の高度石灰化の存在が疑われる
皮膚灌流圧(SPP)
虚血の診断とともに、虚血性潰瘍や切断端における治癒の可能性の評価にも有用
SPP:30~40 mmHg未満では創傷治癒の可能性は低いとされる

「伸展ステージ別に理解する心不全看護」↓↓

ポイント6:下肢末梢動脈疾患治療

動脈硬化の危険因子の回避
生活習慣の改善(禁煙・下肢の清潔保持、運動習慣等)
生活習慣病(糖尿病・高血圧・高コレステロール血症等)の治療による十分なコントロール
薬物療法(抗血小板薬、抗凝固薬、血管拡張薬、血栓溶解剤等)
血管内治療
バルーンカテーテルによる拡張術
ステント留置術
バイパス術
患肢切断術

「看護の現場ですぐに役立つ循環器看護のキホン」はこちら↓↓

マイナビ看護師

関連記事はこちら

看護プチ情報血管疾患

もっと詳しく知りたい方には
循環器診療コンプリート 虚血性心疾患」はこちら↓↓

前回の記事はこちら

看護師ねふな
看護師ねふな

復職に向けて
知識の整理をしました

末梢動脈疾患

について

お伝えしました

前回の記事も

ごらんくださいね♡

リーダー視点で考える心理的安全性
リーダー視点で考える心理的安全性

リーダー視点で考える心理的安全性

看護師ブログ:ねふなHappyワークライフバランスは現役看護師がネフローゼ症候群発症し職場復帰を目指し奮闘する日々を綴っています。
初めて入院にまで至ったネフローゼ症候群について、入院の経緯、療養生活の不安などをお伝えして、少しでも同じ症状の方の療養生活や看護や仕事の悩みの参考になればと思っています。
看護の知識もちょっとずつまとめてアウトプットしています。
また、異業種を約10年働き再び看護師復帰をした経験もあります。
看護師以外の方へも仕事の悩みや日々をHappyに過ごす参考に少しでもなればと思っています。

気になる職場の生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』
タイトルとURLをコピーしました