人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
看護プチ情報看護知識:人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント 看護
看護プチ情報看護知識:人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント
マイナビ看護師

フィジカルアセスメント

看護知識:人工呼吸器管理中のフィジカルアセスメントについて記載しています

看護師ブログは現役医療従事者がネフローゼ症候群に罹患
約1年後・職場復帰を目指して奮闘する日々を綴っています

今まで培ってきた看護の知識を整理しアウトプット
看護の知識もちょっとずつまとめています

看護師ブログ:バイタルサイン

フィジカルアセスメント①

①視診
補助呼吸筋使用の有無
自発呼吸を残して呼吸管理を行っている場合呼吸補助筋の使用は換気ドライブや
呼吸筋仕事量の増大を示しています

⇒人工呼吸器設定変更や鎮静コントロールにて換気ドライブを下げる検討が必要です

外頸静脈怒張の有無
閉塞性障害による・autoPEEP上昇・気胸・急性肺塞栓症・心タンポナーデが
考えられます

奇異呼吸の有無
機関チューブ、回路、人口鼻の閉塞が考えられます

吸気時の胸郭の上がり方(左右差の有無)
上がりの悪いほうでは気胸、無気肺、大量胸水が疑われます

②聴診
呼吸音
肺胞吸気音は吸気呼気ともに聴かれるが
気管呼吸音は呼気のほうが強いです

副雑音の有無
連続性ラ音(喘鳴wheeze 無音silent lung)
喘鳴は主に呼気終末で聴かれます。

断続性ラ音(水泡音coarse crackle 捻髪音fine crackle)
水泡音は気道内分泌物による音と考えられます

捻髪音は断続的な高調性の音で肺水腫やARDS
過敏性肺炎でも聴取されます

呼吸の解剖生理についてはこちら

フィジカルアセスメント②

③触診
胸壁の振動の有無
気道内の大きな痰は中枢気道まで上がってくると胸壁にも振動が伝わります
触診を行うことで左右・上下のある程度の場所が特定できます

皮下の握雪感の有無
ARDSや肺気腫など肺組織の脆弱性を有する症例に対し陽圧人工呼吸を行うと
気胸などの損傷を発症することがあります

この時に皮下気腫を呈すると皮下に握雪感を感じる
場合があり気胸の早期発見に有効です

胸壁の硬さ・可動域制限の有無
COPDの急性増悪屋喘息発作の症例では呼気が吐けずに肺の過膨張をきたします
胸郭が拡張し硬くなり、触診にて硬さと可動域制限を感じることができます

④打診
緊張性気胸の診断には気胸側の鼓音を確認するのに有効です

もっと詳しく知りたい方には
看護の現場ですぐに役立つ 人工呼吸ケアのキホン
の記事

バイタルサイン

看護師ブログ:バイタル確認

①意識レベル
1日1回鎮静をオフして意識レベルを確認することが推奨されています

②上室性不整脈の有無
呼吸器障害による、右心負荷では上室性不整脈を合併することが多いです

③頻脈の有無
代償されない高二酸化炭素血症では換気が促進され頻脈が起こります

④高血圧・低血圧の有無
代償されない高二酸化炭素血症では換気が促進され高血圧が起こります

突然の血圧低下は、緊張性気胸や急性肺塞栓症が疑われます。
持続的な低血圧はautoPEEPの上昇による静脈還流の減少や二次性肺高血圧に
伴う心拍出量の低下を示唆します

⑤頻呼吸の有無
酸素吸入や換気補助を行っても頻呼吸が見られる場合は肺水腫やARDSの様に
肺のコンプライアンスが低下した状態が考えられます

COPDや喘息発作により肺が過膨張して呼吸筋仕事量が増加した状態
さらにエネルギー代謝が亢進し酸素需要バランスが悪化した状態などを示唆します

もっと詳しく知りたい方には
本当に大切なことが1冊でわかる呼吸器
の記事

パルスオキシメーター

O2と結合している酸化ヘモグロビンとO2と結合していない還元ヘモグロビンの
赤外線の吸収度が異なることを利用し酸化ヘモグロビンの割合(SpO2)を測定する機器

血流に拍動がないと正確に測定できない事、反応が実際変化より10~30秒ほど
遅れる事に注意が必要です

プローブは心臓に近い場所に装着したほうが酸素化の変化を早く捉えることができます。

(前額>耳朶>手指>足趾)
末梢循環不全の場合でも首から上の組織には血流が
維持されるため前額や耳朶での測定は可能です

PaO2 100程度で、SPO2 98~100%を示します
そのためPaO2が100を超える範囲で変化があってもSPO2では
捉えることができない為必ず血液ガスを行い評価する必要があります

プローブによる皮膚の低温熱傷や血流障害を生じることがあるので装着部位の観察や
定期的な場所の交換をするなどが必要となります

看護師資格あるし復職しようかな?ブランクありの求人も掲載中【看護師求人EX】

EtCO2(呼気終末二酸化炭素)モニター

看護師ブログ:医療器具イメージ

気管挿管症例に対し回路内にプローブを組み込み呼気中のCO2測定ができます
非侵襲的、連続的にCO2レベルをモニタリングできます

回路内のCO2を直接赤外線で測定する「メインストリーム方式」と回路内のガスを
少量引き込んで測定する「サイドストリーム方式」があります

EtCO2レベルは動脈中のCO2レベルよりも必ず低くなります
理由は肺胞中のCO2レベルは血中と等しいですが呼気時は肺胞気に
気管や気管支などの死腔からの排気が混じるためCO2が薄められるからです
(正常では1~2割低い)

気管挿管時にバッグと気管チューブの間にプローブを組み込んでおくと食道挿管時には
CO2が検出されないことで早期に気づくことができます

もっと詳しく知りたい方には
人工呼吸管理につよくなる
」記事を読んで↓↓

関連記事はこちら

呼吸の観察

看護プチ情報看護技術:呼吸の観察
看護プチ情報看護技術:呼吸の観察

聴診:呼吸音聴取

看護プチ情報聴診呼吸音
看護プチ情報聴診呼吸音

前回の記事はこちら

プチ情報:看護師お金と仲良く付き合う

ネフローゼ症候群について⑤腎臓の構造と働き
ネフローゼ症候群について⑤腎臓の構造と働き
タイトルとURLをコピーしました