看護知識情報:気管挿管・人工呼吸療法

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
看護プチ情報看護知識:気管挿管・人工呼吸療法 看護
看護プチ情報看護知識:気管挿管・人工呼吸療法

人工呼吸療法

今回は看護知識:気管挿管・人工呼吸療法について記載します

看護師ねふなブログは現役医療従事者がネフローゼ症候群に罹患
約1年後・職場復帰を目指して奮闘する日々を綴っています

今まで培ってきた看護の知識を整理しアウトプット
看護の知識も少しずつまとめています

人工呼吸イメージ:看護師ブログ

気管挿管①

気管チューブ
緊急時は経口で喉頭展開しチューブを直視下にて気管内まで挿入が第一選択です

エアリーク防止のカフが先端に設けられている「カフ付き気管チューブ」と主に
小児で用いられる「カフ無し気管チューブ」があります

太さはチューブ内径で表記され、同じ内径であっても種類によって外径は異なります
先当たりによる換気不良を防ぐため側孔が設けられているものがあります

カフ上に貯留した分泌物を吸引する為のポートを有するものがあります。

気管挿管②

気管挿管チューブ管理
①固定
テープでの固定が多くの施設で用いられているが固定不良、表皮剥離、口唇への
潰瘍形成など皮膚トラブルの可能性があります

固定位置の確認、皮膚トラブルの観察、皮膚トラブルへのリスク評価を行い
皮膚保護剤を早期から使用します

②カフ圧管理
カフ圧計を用いて25~30cmH2Oで管理します

③チューブ閉塞
痰など分泌物でチューブが閉塞する場合・重篤な状態となり始めて気づく事もあります

従量式換気中の気道内圧の上昇や従圧式換気中の換気量の低下、あるいは吸引チューブの
抵抗感などを観察し早期発見に努めます

④事故抜去
経口挿管チューブは体動や舌の動きで容易に位置異常が発生します

固定位置に変化がなくカフ圧を繰り返し補充しても声もれするような場合は口腔内で
チューブが事故抜去している可能性が高いです

速やかに再挿管の準備を行い医師とともに再固定をこころみます。

人工呼吸管理の適応

①酸素療法に反応しない、重篤な呼吸不全
②NIV(非侵襲的人工換気)で改善が得られない又はNIV禁忌症例
③気管挿管が必要な症例
④意識障害が深鎮静、循環不全、ショックを伴う症例

呼吸の解剖生理についてはこちら

人工呼吸管理のメリット・デメリット

メリット
肺のリクルートメントのための高い気道内圧確実に気道内にかけられる
気管支鏡検査や喀痰培養の検体採取が容易で安全に行える
気道内分泌物の吸引が確実に行える

デメリット
気管チューブにより発声不能となる
咽頭不快感や疼痛、事故抜管防止のための安静強要など患者にストレスを与える
VAP(人工呼吸開始48時間以後に新たに生じた肺炎)のリスクを負う

一般的に2週間を超えて挿管・人工呼吸管理が継続される場合は気管切開を考慮します。
気管切開の実施によって鎮静薬の中止や理学療法のステップアップが可能となり
人工呼吸器からの離脱が早まる効果があるとされています

看護師ブログ:メリットデメリット説明イメージ
看護師ブログ:ネフローゼ症候群診断説明イメージ

人工呼吸器の設定①

A/Cモード(assist-control mode)
自発呼吸がない場合、間欠的に陽圧換気を行う
SIMV(synchronized intermittent mansatory ventilation)
補助換気、同期式間欠的陽圧換気

陽圧換気モード
VCV(volume control ventilation 従量式換気)
一定の流量で設定された容量まで肺を膨らませるモード
換気量が保証される代わりに患者の自発呼吸との同調性がやや不良な場合があります

PVC(pressure control ventilation 従圧式換気)
気道内に一定の圧を設定された時間をかけることで肺を膨らますモード

患者は自由に吸気の流量を変えられ同調性は良好だが換気量は一定でなく予想外の
過換気や低換気が生じることがあります

人工呼吸器の設定②

補助換気
SIMV
PSV(pressure support ventilation 圧支持換気)
CPAP(continuous positives airway pressure 持続気道陽圧)
自発呼吸を感知し、自発呼吸に合わせて送気、換気を補助します

PEEP(positive end-expiratory pressure 呼気終末陽圧)
人工呼吸の濃き層に一定の陽圧を付加して肺胞の虚脱を防止します。
以下の効果が期待できます

①機能的残気量を増やして酸素化を改善する
②無気肺を予防する
③肺のコンプライアンスを改善し膨らみやすくする
④静脈還流を減らして心不全を改善する

人工呼吸器の設定③

FiO2の管理
FiO2は100%から開始するが、高濃度酸素は肺にとって有害のため
初回評価後速やかに減量させSpO2で評価しできるだけ低い値にて維持します

重症呼吸不全ではSpO2の管理目標を88~92%に低く維持しFiO2を下げ肺を保護します。

関連記事はこちら

看護プチ情報看護技術:呼吸の観察

看護プチ情報看護技術:呼吸の観察
看護プチ情報看護技術:呼吸の観察


人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント

看護プチ情報看護知識:人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント
看護プチ情報看護知識:人工呼吸器管理中フィジカルアセスメント

前回の記事はこちら

ネフローゼ症候群プチ情報髪と頭皮ケア

ネフローゼ症候群プチ情報髪と頭皮ケア
ネフローゼ症候群プチ情報髪と頭皮ケア
タイトルとURLをコピーしました