看護知識情報:血液浄化療法①

*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
看護プチ情報看護知識:血液浄化療法① 看護
看護プチ情報看護知識:血液浄化療法①

血液浄化療法

看護師ブログ・往診イメージ
看護師ブログ・往診イメージ

自分自身が初めて入院にまで至った病気
ネフローゼ症候群について入院の経緯をお伝えし
少しでも同じ症状の方がの療養生活の参考になればと思います

今回は看護知識血液浄化療法について記載

血液を体内から取り出し・透析・濾過・吸着など
様々な方法を用いて血液中の有害物質や不要な物質を
取り除き再び血液を体内に戻す治療法。

血液透析

血液透析(Hemodialysis:HD)で可能なこと

①不要な物質の除去
②必要な物質の補充
③酸塩基平衡の補正
④水分の除去

血液透析では拡散の原理を用いて物質のやり取りをおこないます
拡散:濃度が高いところから低いところへ物質が移すること

もっと詳しく知りたい方には
「写真でわかる透析看護アドバンス」は↓↓

拡散による物質のやり取り

・血液と透析液が膜を介して接しています
透析液より血液中のほうが濃度の高い物質は血液側から透析液側に移動します

血液中より透析液のほうが濃度の高い物質は、透析液側から血液側に移動します

透析液中の物質の濃度を、血液中から除去したい物質は血液中の濃度より低く
補充したい物質は血液中の濃度より高くすれば物質をやり取りする事ができます

透析液の組成

看護師ブログ業務イメージ
看護師ブログ業務イメージ

Na(ナトリウム):140mEq/L
血液中と同じ濃度とし、Naが除去されることで発生する浸透圧低下を防ぐ

K(カリウム):2.0mEq/L
血液中から積極的にKを除去するために低い濃度とするが
低K血症を防止するためには0にしない
低K血症が発生する恐れがある場合は透析液のK濃度を上げる場合もある

Ca(カルシウム):2.5~3.0mEq/L
腎不全患者はCaの取り込みに必要な活性型ビタミンDを生成できない為Caが
不足しがちとなるため透析液から補充する目的で3.0mEq/Lの透析液が使用される
二次性副甲状腺機能亢進症の患者には薬剤としてCa製剤が使用されるためCa濃度を
2.5mEq/Lの透析液を使用することもある

Mg(マグネシウム):1.0~1.5mEq/L
腎不全患者は血中Mgが高くなるため、Mgが除去できるよう透析液は低めのMg濃度とする

ブドウ糖100~150mEq/L
透析中の低血糖防止のために100~150mEq/Lの濃度とする

HCO3:25~30mEq/L
アシドーシス補正のため透析液から補充される

限外濾過による水分の除去

・血液透析では血液中の水分を除去することができ、これを「除水」といいます

・除水の原理は「限外濾過」といいます。膜を介して陽圧をかけて水を押し出したり
膜を介して陰圧をかけて水を吸い出したりすることです

・血液透析では膜に陰圧をかけて血液中の水分を吸い出します。

仕事選び転職サイトはこちら↓↓

透析装置の役割

①透析原液をRO水で希釈し透析液を作成しダイアライザーに流す
②血液ポンプで血液を循環させる
③シリンジポンプで抗凝固薬を持続注入する
④回路内圧や浸透液圧を測定して体外循環に異常がないか監視する

※RO水:透析液の希釈水として使用されるもの
RO(Reverse Osmosi)とは逆浸透のことで濃度が高い水溶液に機械的に圧をかけ
水分を濃度が低い水溶液側に半透膜を介して移動させ多くの不純物を取り除き
作り出された清浄度の高い水のことです

回路の構成①

①脱血・送血
通常は静脈に留置したバスキュラーカテーテルを使用します

慢性腎不全にて内シャントを作成している患者はシャント静脈を穿刺し留置針を挿入し
血液の取り出しに使用する場合があります

②ピロー
血液回路の少し膨れた部分であり枕のような形をしています

ピローの形によって脱血が良好か否かを判断できます
ピローが膨れている⇒脱血が良好 ピローが凹んでいる⇒脱血が悪い

③血液ポンプ
血液を体内から取り出し循環させるために血液ポンプを用います
血流には透析の効率・回転内圧・血圧などを考慮して設定されます
クリティカルケア領域における成人の場合は120~200ml/分程度で設定されます

④抗凝固薬
取り出した血液が固まらないように血液回路に抗凝固薬が注入されます
通常ではヘパリンやナファモスタットが使用されます

透析説明イメージ:看護師ブログ
透析説明イメージ:看護師ブログ

回路の構成②

⑤動脈チャンバ
少量の血液をためておきます

動脈チャンバには空気が混入した場合にダイアライザー側に空気が混入しないように
空気抜きを行う役割と動脈圧力を測定する役割があります

⑥ダイアライザー
物質のやり取りや除水を行ないます
約1万本もの細いストローが入っており、この表面に物質のやり取りができるよう
小さな孔が開いています

ストローの内側を血液が外側を透析液が流れ表面の孔を介して拡散の原理を用い
物質のやり取りをします・孔の大きさは赤血球や細菌を通さない程度の大きさです

⑦静脈チャンバ
患者に空気が混入しないよう空気抜きを行う役割と静脈圧力を測定する役割があります

⑧気泡検出器
血液透析を行う上で危険なので空気の混入です

血液回路に大量の空気が混入した時患者の血管に空気が入り込まないよう空気を検出し
検出したら血液回路をクランプして血液ポンプを止めアラームを鳴らす安全装置です

バスキュラーアクセス

バスキュラーアクセスカテーテルの種類
☆シングルルーメンカテ―テール:脱血もしくは送血のみを行う

□ダブルルーメンカテ―テール:脱血と送血を同時に行う

☆トリプルルーメンカテーテル:脱血と送血に加えて輸液用のルートも付随したもの

□カテーテル断面構造による分類

☆隔壁二層型(ダブルアクシャル)
同軸二層型(コアアクシャル:内側が脱血、外側が送血)
カテーテルの長さは挿入する部位で決定されます

挿入
一時緊急的にバスキュラーアクセスカテーテルが留置される
アクセスルートは以下の静脈が選択されます

大腿静脈:挿入が容易である。患者が上体を起こしたときにカテーテルが屈曲する
可能性がある・また清潔を保持しにくくカテ―テル感染をひきおこしやす

内頸静脈:挿入が容易で清潔が保持しやすい
体動への制限は少ないが頸部の角度により脱血不良が生じる場合がある

鎖骨下静脈:挿入が困難であり気胸の合併症を引き起こす可能性がある
エコーガイド下での挿入が試みられる場合がある
挿入後はX線にて留置位置の確認を行います

もっと詳しく知りたい方には
「カテーテル透析パーフェクトマネジメント」は↓↓

ECUM

Extracorporeal Ultrafiltration Method
体内の余分な水分の除去のみを行う血液浄化療法
血液透析をシステムを用いて透析液を流さずに除水のみを行う

もしくは持続的血液濾過透析のシステムを用いて濾過ポンプのみを
回して除水のみを行うのいずれかで行われます

透析は行わないため物質の除去はあまりなく
浸透圧低下がないため血液透析より血圧低下をきたしません

関連記事はこちら

看護プチ情報

看護師ブログ:小児科イメージ

前回の記事はこちら

看護プチ情報看護知識:脳神経系アセスメント
看護プチ情報看護知識:脳神経系アセスメント

看護プチ情報看護知識:脳神経系アセスメント


仕事選び転職サイトはこちら↓↓

看護師ブログ:ねふなHappyワークライフバランスは現役看護師がネフローゼ症候群発症し職場復帰を目指して奮闘する日々を綴っています

ネフローゼ症候群で入院した経緯や療養生活で感じた不安などを分かりやすく説明して、同じ症状の方や看護や仕事に悩む方の参考になるようにしています

看護の知識も少しずつまとめて紹介
約10年間異業種で働いた後に看護師に復帰した経験もあり
看護師以外の方にも仕事や日常生活をHappyにする情報を提供できればと思っています

タイトルとURLをコピーしました